Financy提携ライター規約

Pocket

Financy運営事務局(甲)が運営するFinancy.net(以下、本サイト)において、提携ライター(乙)は、記事作成投稿業務提携(以下「本業務」という)に関する規約(以下「本規約」という)に同意の上、本業務を遂行するものとする。

提携概要
1.業務名称          記事作成投稿業務
2.委託期間          甲乙より申し出がない場合、最初の記事投稿日より1年間自動延長

(業務内容)
第1条     乙は甲の運営する本サイトの提携ライターとして本業務を遂行し、上記提携概要及び以下の条項に従い適法且つ適正にこれを履行するものとする。

(目的)
第2条    乙は甲の運営する本サイトの記事作成を担うものとし、基本的な事項を定めする。

(記事の公開権)
第3条     甲は乙が本業務において投稿した記事や画像(イラスト含む)を公開前に審査できるものとする。また甲が不適切と判断した記事は修正が確認されるまで一般公開できないものとする。

(記事の所有権)
第4条     乙が本サイトに投稿した記事や画像(イラスト含む)の所有権は、公開された時点で甲に移行するものとする。

(秘密の保持)
第5条    乙は、本提携及び本業務の履行中に知り得た一切の情報を他に漏らしてはならない。なお、本条の規定は本提携終了後も有効に存続するものとする。

(報酬)
第6条     甲は乙に対して、記事作成代金を支払う義務を負わないものとする。記事作成代金は、乙がGoogleと契約したGoogleアドセンスの広告タグを甲に共有し、Googleの規定で算出された報酬をGoogleの支払い条件によりGoogleから直接受け取るものとする。

(広告タグ設置)
第7条     甲は乙から提供された広告タグを本サイトに登録するものとする。乙は甲指定の場所に甲指定の広告タグを1セットのみ設置できるものとする。

(広告タグ削除)
第8条     乙は、本サイトの記事投稿を1年間1度も行わなかった場合、甲は乙との提携解除と、乙の広告タグを削除できるものとする。

(提携の解除)
第9条   甲及び乙は、相手方が次の各号のいずれかに該当した場合、文書による予告なしに、直ちに本提携を解除することができる。

  • 反社会的勢力(暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、その他の反社会的勢力をいう。以下同じ)である場合
  • 反社会的勢力に対し、出資、貸付、資金もしくは役務の提供を行っている場合またはそれに準ずる取引関係を有している場合
  • 甲の役員または使用人その他の者に対し、自らまたは第三者を利用して、詐術、暴力的行為、脅迫的言辞を用いた要求または法的な責任を超えた不当な要求等を行った場合
  • 本提携に違反し、甲が相当の期間を定めて改善を要請したにも拘らず、当該期間内に改善が行われなかった場合

2   甲または乙が前項の規定により本提携を解除した場合、相手方に損害が生じても、解除者は賠償責任を負わないものとする

(損害賠償義務)
第10条  乙は、本提携への違反、記事投稿の盗作、画像使用の著作権侵害等、自らの責めに帰すべき事由により甲または第三者に生じた損害を全額負わければならない。

(紛争の解決)
第11条  本提携又は本提携に関連して紛争が生じた場合、両当事者は、かかる紛争等を友好的に解決するよう合理的な努力をするものとする。両当事者によって紛争等が友好的に解決できない場合、訴訟については東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

(約款の変更)
第12条  本約款は甲乙両者の発展のため適宜、必要に応じて甲により更新されるものとし、乙は事前に了承するもとする。

業務内容

1.業務名称 Financy記事作成投稿業務
2.業務目的 甲の運営する「Financy.net」の記事作成投稿によって、個人投資家に有益な情報を提供する
3.業務期間 1記事目の公開日より1年間、その後自動延長する
4.業務内容 (1)Financy.netのカテゴリーに応じた記事の執筆
(2)Financy管理画面での記事投稿
5.記事の公開基準 1. 他サイトの複製を行っていないこと
2. Financy.netのカテゴリーに対し記事が不適切でないこと
3. 使用する画像の著作権を侵害していないこと、適切な画像掲載をおこなっていないこと
4. 指定した広告タグを指定した場所に使用していること
6.その他 本仕様書に関する疑義及び本仕様書に定めない事項については、必要に応じて協議するものとする。

 

報酬の支払い

乙は広告タグから発生する報酬をGoogleアドセンスの管理画面から確認することができます。また、報酬の支払いはGoogleから直接、乙指定の個人銀行口座に振り込まれます。広告の支払い条件や規約はGoogleアドセンスの規約が適用されます。万が一、Googleアドセンスのアカウントが何らかの原因により停止/削除された場合には、甲は一切の保障、責任も負いません。