Pocket

少ない原資でも気軽に取り組めることから近年人気のFX。ですがFXで長期的に利益を挙げられているのはほんの一握りの投資家だけで、ほとんどの人は負けているのが現状です。

しかし、だからといってFXが稼ぎづらい投資であるわけではありません。勝つ事自体はそれほど難しくないのですが、勝つための手法を知らない、あるいは知っていてもその通りに行動できない人が多いというだけです。手法に従って行動できるようになれば、勝率は自然と上向きます。

感情に突き動かされたトレードはまず負ける

人間には合理的な面と非合理的な面があります。完全に合理的に行動できる人は多分この世にはいないでしょう。FXのような市場では特に合理的に動く必要があるのですが、人間はどうしても信頼できるルールや予測より、一時の勘定にもとづいて行動してしまいがちな生き物です。

例えば自分の所有しているポジションが値上がりしている場合、その後も持ち続けていたほうがいいことは明確であるにも関わらず早い段階で手放してしまい利益が小さくなってしまったり、あるいはすぐに手放すべきポジションを保有し続けて損失を大きくしてしまったり、と言うのは市場ではいやというほど見られる光景です。

こうした失策を防ぐためにも、必ず事前に取引のルールを定めておきましょう。利益が何%になったら必ず売る、損失が何%になったら必ず売るというのを最初に定めておき、そのルールに従って行動するのです。

売買はシステムに任せたほうがうまくいく

ただ、ルールに従って行動すると平常時に心に決めたとしても、トレード時にその通りに行動できるとは限りません。火事の際に避難訓練と同じように冷静に行動できないのと同じです。なので、思い切って基本的なトレードは自動売買(システムトレード)に任せてしまいましょう。

自動売買システムは世の中にたくさんありますが、その中でも人気なのはロシアの「MetaQuotes社」が開発した無料ソフト「メタトレーダー」です。メタトレーダー自体は単なるプラットフォームでそれだけでは売買できませんが、EAと呼ばれるソフトを当てることによって自動売買が可能になります。

自動売買の長所は売買を自動で行えることです。そこに勘定が入る余地はないので、意地や焦りから間違った判断をしてしまうことはなくなります。また、本業が忙しくて売買をする時間がなくても取り組めます。もちろん最初に適切なルールを考え、定期的にメンテナンスする必要はあるのですが、裁量売買より勝ちやすく、なおかつ手間もかからないことは確かです。自動売買に任せる、という度胸は必要になりますが。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

メタトレーダーは海外FX会社ならほぼどこでも使える

国内の主要なFX会社の多くは自社開発の自動売買システムを採用しています。これらのシステムは若干使いづらく、あまりおすすめできません。海外の主要なFX会社ならばほぼかならずメタトレーダーが使えるので、自動売買に興味がある方は海外FX会社を選んだほうがいいかもしれません。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

参考

海外FX業者は最大レバレッジ3000倍で追証のリスク無し!
海外FX業者の以外なデメリット!スプレッドと信託保全に注意

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

Financyの新着記事を
お届けします!

金融・ 経済関連の記事をメインとしたフリーライターをしています。様々なジャンルの本を読み漁っていますので、 自分の記事が投資家の皆さんの利益となるように情報発信に努めていきます。