Pocket

米ゴールドマン・サックスの2016年の年収は、9万9,406ドル(約1,027万円)、平均ボーナスは2万3,470ドル(約243万円)であることが公表されました。中でも東京はロンドン(13万3,900ドル/約1,384万円)や香港(12万7,626ドル/約1,319万円)を上回り、世界1位の17万9,347ドル(約1,853万円)となっている。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

アナリストの7倍もの年収はマネージング・ディレクター

年収は部署や役職によって大幅な開きが見られ、最高所得層であるマネージング・ディレクターは、年間40万ドル(約4133万円)も稼いでいる。最も低いのはアナリストは5万5035ドル(約596万円)となっている。普通の会社であれば一般事務職(年収約300万円)にあたる。

その他の職種の年収

  • ITマネージャー 12万3646ドル(約1,288万円)
  • シニア・マネージャークラス 16万5349ドル(約1,709万円)~17万2740ドル(約1,785万円)
  • ディレクター 22万ドル(約2,273万円)

 

給与とボーナスの年間平均

  • ゴールドマン 12万2876ドル(約1,270万円)
  • JPモルガン 9万9,849ドル(約1,032万円)
  • ウェルス・ファーゴ 7万8,714ドル(約813万円)
  • モルガン・スタンレー 11万7,773ドル(約1,217万円)

ゴールドマンもそうだが、JPモルガンなど他の国際大手も東京の平均年収が最も高いことかあ、就職先を高待遇で選択するのであれば、東京オフィスが最も稼げそうです。

 

 
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

Financyの新着記事を
お届けします!

金融/経済情報メディアを運営しています。 投資/資産運用、マネー、不動産、経済/ビジネスのカテゴリーのコラム、ハウツー情報をお届けします。