Pocket

今、インターネットのインフラが整ったことで、個人レベルでも個人輸入ビジネスへ簡単に参入できる時代になっていることをご存じだろうか。

輸入先としては、やはり世界の工場と呼ばれる中国のECサイト(タオバオ、アリババ、AliExpress、チャイナマートなど)からの買い付けが人気だ。中国で製造されている商品がすべて買えるのではないかと思われるくらいの品ぞろえ、そして圧倒的な低価格で販売されている。

それを、日本のECサイト(Amazon、ヤフオク、楽天)で販売するのだが、通販の一番の課題は、在庫管理と販売管理、梱包・配送業務と顧客対応だ。

通販ビジネスの常識を変えたAmazon FBA

通販ビジネスを運営するには、注文から梱包・発送・料金回収・顧客サポートなど、一連の通販業務をすべて自前で行う必要があった。しかし、Amazonの提供するフルフィルメントサービス「FBAマルチチャネルサービス」の登場で、それらの通販業務をAmazonに委託できるようになったのだ。

また、自社ECサイトやAmazon以外の他ECモール(楽天、Yahooショッピングなど)で売れた商品の対応も委託できるため、運営者は、手間の掛かる配送業務から解放され、本来時間を割かなければならない仕入れとプロモーションに専念することができるようになり、顧客対応や発送のための人員を抱える必要もなくなった。

利用料は、主に在庫保管手数料と配送代行手数料が掛かるが、商品数や販売数に応じた従量課金なので、固定費率(倉庫費用や人件費)を一定にすることができる。
また、配送料もAmazonと運送会社の大口契約の条件を利用できるため格安で配送することができるのは大きい。

Amazon FBA料金イメージ:Amazon FBAより

通常、自前で倉庫を借りる場合、在庫量にもよるが初期投資が必要になる場合が多く、販売規模に応じて固定費は段階的に上がっていく。また、季節ごとに販売数に偏りがある場合は、シーズンオフには固定費率が大きくなってしまう。その点、FBAであれば商品点数に応じた手数料なので、倉庫のスペースを気にする必要がないのと、販売数量の大幅な増減時にも、仕入れ以外の対応は何もする必要がない。

Amazon FBAが日本で利用できるようになってから、通販業務がシンプルになり、個人や小規模事業者でも、仕入れ以外の資金を要せずに月商数千万円の通販事業を立ち上げられるようになったのだ。

中国の通販サイトを使った激安仕入れ

そこで、仕入れ先となるが中国だ。
今までの個人レベルで輸入ビジネスをする場合、欧米輸入が人気だったが、物価の差が大きく、日本で販売できるレベルの商品が、たくさん仕入れられる中国からの輸入がトレンドになっている。

中国製のイメージは、コピー商品や粗悪品が多いといった悪い印象もあるが、商品者の目が厳しい日本でも通用する高品質な商品がたくさん作られているのも事実で、国内で販売されている雑貨・日用品・服飾・家電など多くの商品が中国製である。

ではどこから仕入れるのか?

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

個人レベルの仕入れならAliExpress(アリエクスプレス)がおすすめ

AliExpress(アリエクスプレス)とは、中国最大の個人向けECサイト「タオバオ」を運営するアリババ・グループが海外の個人向けに運営しているのECサイトだ。BtoB(事業者向け)ECサイトでは、アリババもあるが最低発注ロット数が大きいため、小口で仕入れたい場合には不向きとなる。

AliExpress(アリエクスプレス)

AliExpressが人気になっている6つの理由

  1. 日本語サイトが用意されている(英語の直訳表示)
  2. 販売業者と英語で交渉が可能
  3. 仕入れ数量によって大幅なディスカウントが可能
  4. 最短5日で商品が届く
  5. 出品者評価機能があり、販売業者もいい加減な対応が少ない
  6. 商品を受け取ってから、承認操作をすることで販売業者に支払いが行われる

これらの使い勝手が、中国からの輸入ビジネスのハードルを下げている。
中国輸入の最大の障壁は言語だが、AliExpressはサイトがすべて自動翻訳で日本語化されているので、違和感のある文章になっていることもあるが、内容を把握するには問題ないレベルだ。

また、品質の良い商品を仕入れる方法については、Amazonのレビュー機能のように購入者のレビュー機能があるので、実績が多く、良い評価のついている商品や販売業者を選ぶことが仕入れリスクを下げる方法だろう。そしてAliExpressが支持されている最大の理由は、商品を受け取り承認してから支払いが行われるシステムになっていることが大きい、お金を支払っても商品が届かない、全く注文した商品と違うものが届くなどの、日本の商流ではあり得ないトラブルを回避することができるようになっている。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

まとめ

輸入ビジネスを成功させるには、仕入れが最大の成功要因となるが、AliExpressでどのような商品がいくらで仕入れできるか、調査してみると面白いだろう。また、AmazonJapanの出品商品を見ると、AliExpressから激安で仕入れたとみられる商品が大量に販売されているのを確認できる。

AliExpress(アリエクスプレス) スマホケース出品

スマートフォンケースの仕入価格を見ると、日本で2,000円~3,000円で販売されている商品が、80%~90%OFFで1個から購入できる。しかも送料無料も可能だ。中国輸入という商慣習や品質などのリスクはあるが、使いこなすことができれば個人利用でもネットショッピングを楽しめるだろう。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

Financyの新着記事を
お届けします!