ビッグマック指数
Pocket

ビックマック指数2017年

1月17日にビックマック指数2017年がエコノミスト誌で発表となっております。2017年半データーを確認すると、55カ国平均は、世界の経済とも相関するようで3.76ドルから3.96ドルに上昇しました。1位は3年連続スイスでビックマック1個の値段が6.76ドル相当ということで日本円では、748円相当となっております。反対に55カ国中の再下位は、エジプトからウクライナに変更になって1.64ドル相当で182円相当です。ウクライナの定位置です。

割高は長期的には是正されて行く

ドル建ての価格が、割高であり続けるのは難しくドル建てで50%の乖離などは是正されて行きます。反対に割安については政情不安などの影響が多いので長期間になることも多いです。2016年から2017年では急激な動きは少なかったです。世界景気は全体的に落ち着いているようです。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

ビックマック指数はGDPに連動する

各国のドル建てのビックマックの価格は、ドル建ての1人あたりGDPに相関があるので、に急落や急上昇するのではなく安定的に上昇するのが望ましいです。2016年から2017年では中国・インドは3カ国ですがドル建てで上昇してアメリカは少し下落しました。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

日本は35位で変わらず2018年は安定していました。

日本の2016年から2017年半は円価格は変わらずで円高ドル建て価格が少しだけ上昇しましたが35位のまま変わらずでした。2000年の頃は27国中5位でしたが、2017年には35位にまで下落しています。失われた20年がここでも確認出来ます。2017年半は55カ国平均も安定して世界景気は安定していました。2018年も安定することを望みます。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

Financyの新着記事を
お届けします!