Pocket

相次ぐ企業の英国からの撤退

主な企業の英国からの撤退報道

・日産自動車・・・・・英中部サンダーランド工場でのスポーツ目的車(SUV)の製造の一部撤回
・ホンダ    ・・・・・2022年に英南部スウィンドン工場の閉鎖
・パナソニック・・・・・欧州の本社機能を英国からオランダに移転
・ソニー    ・・・・・欧州の登記上の本社を英国からオランダに移転
・ポルシェ   ・・・・・英国での販売価格を最大10%の関税を上乗せする計画
・ミシュラン   ・・・・・2020年半ばまでにスコットランドのタイヤ製造工場を閉鎖
・フォード   ・・・・・英国での生産を他国へ移す可能性があることをメイ首相に通告

企業の英国からの撤退報道が多くなってきました。

残留支持派が失業する悲惨

 

ホンダのスウィンドンとミシュランのスコットランドなどは、2016年6月のブレグジットの国民投票の時は、残留支持派でしたが失業する悲惨な状況は顕在化して来ました。

株と為替

国民投票以降、英国の株価指数もも為替のポンドも低迷が続いています。

悲惨指数 と 欧州の存在感

悲惨指数も英国は国民投票後に2%上昇し、世界の株式時価総額に占める欧州の比率は2%下落しています。

ブレグジットの問題の長期化が欧州の存在感の低下を招いています。

悲惨指数も英国は国民投票後に2%上昇し、世界の株式時価総額に占める欧州の比率は2%下落しています。ブレグジットの問題の長期化が欧州の存在感の低下を招いています。

まとめ

国民投票後の英国の低迷が顕著になり欧州全体の存在の低下を招いています。ブレグジット問題不透明感が払拭されるまでは欧州関連の株への投資や通貨への投資は避けるべきです。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -