Pocket

 

2007年と2019年は亥年

 

2007年と2019年は亥年で12年に1回の「統一地方選挙」と「参議院選挙」が同じ年に実施される年となります。2007年年初は第一次安倍内閣であり2月に発覚した「消えた年金問題」から内閣支持率を落とし4月の統一地方選挙と7月の参議院選挙に野党に連敗して安陪内閣退陣につながりました。2007年の相場展開ですが参議院選挙から下落を始めてリーマンショックそのまま投入してしまった苦い過去があります。

2007年は2月に「消えた年金問題」が発覚し、2019年は前年の12月に「統計不正問題」が発覚し内閣支持率が低下し始めているという類似点がありましたが、「統計不正問題」以降は支持率を保っており、統一地方選挙も無事乗り切ったと言っていい結果でした。 12年前の悪夢は回避されるという楽観ムードも出て来ました。

参議院選挙の見通し(自公で140で過半数確保?)

参議院選挙は、7月21日に投票日となりました。今回改選するのは前回の2013年に改選分なので改選前の与党の議席としては76となります。支持率としては2013年以下なので76から上乗せするのは難しい状況です。前々回の2007年ほどの厳しい状況なはないので、70は確保して非改選も含めて合計140で過半数は確保するというのが妥当な線かと思われます。

株価的には持ち合いが継続しそうです。

内閣支持率と株価

内閣支持率は株価と連動するので今後も内閣支持率をチェックして今後の相場展開に備える必要があります。

 

 

 

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -