Pocket

車両回送ドライバーという職種をご存知だろうか?個人ニーズとしては、オークション車両、個人間取引の車両、引越や旅行の時の車両の輸送があげられ、法人ニーズでは、レンタカー会社や建機レンタル会社の車両輸送がある。

中でも建機レンタル会社専門の自走回送ドライバーの仕事はレンタカーや個人車両の回送業務と比較し、2倍程度の単価が支払われる高待遇の仕事だ。
近年、建機レンタル業の需要が高まっていて、工事現場への車両回送の需要も同時に高まっている。このニーズに伴い、自走回送ドライバーの募集も増えているのが現状だ。アルバイトも募集しているので副業としても魅力的な仕事で、これから仕事内容や給与などについて説明する。

建機レンタル会社の回送ドライバーはなぜ単価が高いのか?

建機レンタル会社の車両を回送する仕事内容は「安全に指定の日時・場所に車両を自走回送」する仕事で、建機レンタル会社の営業所から営業所、工事現場から工事現場など、車両を自ら運転し目的地まで運ぶ仕事だ。軽自動車から大型トラックや特殊車両など、様々な車両を目的地まで回送するが、主に普通免許で運転できる車両の回送がメインだ。

高単価の理由は、大手建機レンタル会社からの依頼がメインのため、レンタカー会社の依頼と比較し、高単価なのだ、回送ドライバー業務は、会社の配車指示から、走行ルートを組み自宅から「引取場所、納車場所」を確認し、業務に入れるので仕事を始めやすい上、給与も良い仕事なのだ。

自走回送(陸送)回送ドライバー業務の内容

自走回送(陸送)の仕事は、依頼主の指定の営業所に到着したら挨拶を交わし、車両や鍵を受け取り、車両チェックを行う。納車場所の到着後は駐車走行距離や、状態を確認し、納車完了報告をすることで業務を完了となる。

自走回送(陸送)回送ドライバー業務は、普通自動車免許でも仕事ができるが、大型免許を持っていると対応できる車両の幅が広がり高い単価も得られる。

自走回送(陸送)ドライバーをするなら回送専門会社の方が稼げる

自走回送(陸送)ドライバーを募集している会社には「建機レンタル会社」と「回送専門会社」がある。どちらもメリット・デメリットがあるので仕事の特徴を見ていきたい。

建機レンタル会社

建機レンタル会社では「運搬車両、レンタカー、車両機械、コンプレッサ、発電機」など多岐に渡り。運搬だけでなく取り扱いや建機の知識も必要となりもちろん運搬の仕方などを心得ておく必要がある。雇用はアルバイトがメインとなるため、副業をメインに考えている方には向いているが、募集は不定期となる。

回送専門会社

回送専門会社は複数の建機レンタル会社から回送業務を請け負い、業務委託でドライバーを募集している。建機レンタル会社に所属するよりも、仕事の量が多く安定して稼ぐことができる。常時募集を行っており、アルバイトもあるが、メインは会社と業務委託契約を結び、専業で回送ドライバーを行うことで高収入を得ることができる。首都圏の方なら月50万円(経費除く)以上稼ぐ方も多い。

まとめ

自走回送の仕事は資格や技術などが求められるが、ドライバー業としては収入が一般のドライバーよりも高額な点は大きな魅力で、業務委託契約で専業で仕事をする方に特にお勧めしたい。

回送業務は「本数×単価」の完全成功報酬型となるため、未経験から始めても仕事に慣れれば十分に本業として稼ぐことが可能な仕事だといえる。

提供:建機レンタル会社専門の回送サービス会社 グローバルシェア株式会社
参考:車両回送ドライバーの仕事紹介

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

金融/経済情報メディアを運営しています。 投資/資産運用、マネー、不動産、経済/ビジネスのカテゴリーのコラム、ハウツー情報をお届けします。