画像ライセンスと利用時の注意点

Pocket

「クリエイティブ・コモンズの表記がある画像であれば、勝手に使っていいのか」「商用利用してトラブルになったりしないか」と、判断が迷うことがあるかと思います。

 

クリエイティブ・コモンズ商用利用チェック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは下記のように分類されます。
使用したいと思っている画像についているライセンス(マーク)を確認してから、その画像を使用しましょう。
20140818_01
※パブリックドメインのみ無条件での商用利用可能

クリエイティブ・コモンズとは?

図の説明の前に、そもそもクリエイティブ・コモンズとはどのようなものなのかをしっかりおさえておきましょう。
クリエイティブ・コモンズを上手に利用するためには、まずそこを理解する必要があります。

クリエイティブ・コモンズとは【クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織と、そのプロジェクトの総称】のことです。
出展:クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

20140818_02
一般に「クリエイティブ・コモンズ」と聞くと「フリーに利用できる、画像、楽曲、文学などの作品」をイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、正確には、組織・プロジェクトの名称のことです。

「クリエイティブ・コモンズ」が策定した、“様々なコンテンツの作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ」と分かりやすく意思表示をするためツール(マーク)”をクリエイティブ・コモンズ・ライセンスと言います。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスが適用されている画像、楽曲、文学などの作品は、そのライセンスの内容の範囲内であれば、自由に使っても良い、というわけです。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは全部で4種類あります。
次項にて、事例を交えながら簡単に説明します。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの
各マークの意味・注意点

今回は、下の画像について、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのいずれかがついている、と仮定して説明いたします。
20140818_03

著作権者の表示

20140818_04
「表示」(Attribution)のマークは、その画像(作品)のクレジット(著作権者情報)を記載しなければならないというものです。
具体的に記載しなければならないこととしては「著作権者の名前」、「作品の著作権が著作権者に帰属していることの表示」、「および資料へのリンク」などがあります。
20140818_05
実際には、作品を提供しているサイトごとによって、ガイドラインが決まっている場合もあるので、特別な指定がある場合は、それらに従う必要があります。

改変禁止

20140818_06
「改変禁止」(No Derivative Works)のマークは、その画像(作品)に加工をして使用してはならないというものです。改変には画像のサイズ変更やトリミングも含みます。
20140818_07

非営利

20140818_08
「非営利」(Noncommercial)のマークは、その画像(作品)を営利目的で使用してはならないというものです。
たとえば、その画像をそのまま販売したり、その画像を利用して作ったものを売ったりすることが禁じられています。

どこまでが「営利目的」の範囲なのか、という点については、議論があるようですが、現状、企業のブログで使用することや、広告掲載のあるサイトで使用されることは慣例的に容認されている現状があるようです。
20140818_09

継承

20140818_10
「継承」(Share Alike)のマークは、画像のライセンスと同じライセンスの下でのみ、派生作品(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス下の画像を利用して作成した自分の作品)を配布することができるというものです。
20140818_11

番外編:パブリック・ドメインとは?

クリエイティブ・コモンズに似た言葉でパブリック・ドメインがあります。

パブリック・ドメインとは、
作品(著作物)の著作権などの一切の権利が切れた状態または、消滅した状態のこと“を言います。
20140818_12
そのため、パブリック・ドメインの状態になった作品については、誰でも自由に利用することが可能です。

海外の画像配布サイトでは、”This photo is public”との記載があることがありますが、これには注意が必要です。

ここでの”public”は単に「一般公開されている」という意味で、パブリック・ドメインであるとは限らないからです。この”public”の解釈をめぐって実際に裁判も起こっていますので、注意しておきたいものです。
出展:CCライセンス関連訴訟

こういった画像を使用する場合は、”Public Domain”と明記されているものを使用しましょう。