読まれるコンテンツの書き方

Pocket

タイトルの書き方

タイトルは、【メインキーワード+サブワード】を設定し読みたくなるようなタイトルを工夫する

フック(書き出し)文の書き方

ここで読者の気持ちを鷲づかみ。200文字~400文字程度

①問題提起:読者が抱えている悩みや問題を明確にする。

例えば、「お店に人が集まらなくて困っていますよね?」「どんなダイエットをやっても、失敗ばかりしていませんか?」など。そして、その理由は「間違った集客をやっているからですよ」「逆効果のダイエットをやっているからですよ」と伝える。ここで、読者が「そうそう、そうなんだよね?」という共感を得ることを意識しよう。

②結果の明示:あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える。

例えば、「投資リターン年20%の投資術」「1年で7%の定期利回りを得る方法」など。投資家(読者)が忙しい時間を割いてまで、記事を読む理由を与えてあげるイメージ。

③結果の根拠:②で示した結果が出る根拠を伝える。

例えば、「世界トップクラスのファンドマネージャーが運用する」「新興国だからできる年利7%の定期預金」など。ここでは説得力を高めるために数字が入っていることが望ましい。

本文の書き方:2000文字以上

読みやすい文章とは?3つのポイント

1、簡潔:必要なことだけを最少の文字数で伝えていること。

テーマと関係のない文章や余談が多いと、それだけで読者はページから離脱してしまう。

2、具体的:一つ一つ具体的に伝えていること。

専門用語を乱発していたり、難解な表現のオンパレードで、理解するために努力が必要な文章だと、読者は途中で疲れてしまう。

3、リズム:文章一つ一つが短いこと(最大5行まで)

長い文章がひたすら続いていると、読む気を減退させてしまう。文章を書き終えた後に、実際に声に出して読み、リズム感が良いかどうか確認すると効果的。

大見出し1<h2>(必須)

本文(最大5行まで)

中見出し1<h3>(必須)

本文(最大5行まで)

小見出し<h4>(任意)→構成的に使う必要がある場合のみ使用

本文(最大5行まで)

小見出し<h4>(任意)

本文(最大5行まで)

中見出し2<h3>(必須)

本文(最大5行まで)

小見出し<h4>(任意)

本文(最大5行まで)

小見出し<h4>(任意)

本文(最大5行まで)

大見出し2<h2>

以下、中見出し、小見出しの繰り返し

まとめ<h2>

本文:最後に本文のまとめとと個人の意見を書く。サービスについて書く場合は、アドワーズ広告があれば、まとめの後に自動表示されるので、広告をクリックしたいと思うようなまとめが望ましい。