Pocket

仮想通貨のビットコイン(bitcoin)が、いよいよ日本でも本格的に普及する見通しになってきました。

2017年年始のビットコインの価格急落から一転して過去最高値を更新しました。何故、また価格が上昇したの?理由は?と疑問に思われた方も多いはず。その理由は米国でビットコインの価格を反映するETF(上場投資信託)が認可されるのではないだろうか。という思惑からきているのです。今回はビットコインのETF認可の可能性について簡単に説明いたします。

ETF(上場投資信託)とは?

ETFって何?意味が分からないと思った方、そんなに難しいものではありません。

ETFとは「Exchange Trade Fund」の略で、日本語に直すと「証券取引所で売買される投資信託」という意味になります。

えっ、そもそも「投資信託」って何?と思った方に簡単に投資信託の説明しておきますと、投資のプロのファンドマネージャーにお金を預けて自分の代わりに運用をしてもらう商品なのです。

アメリカで米規制当局がビットコイン価格を反映するETF(上場投資信託)を認可するんじゃないか?という憶測が広がっています。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

ETFとして本当に承認されるの?

2月20日以降のビットコイン価格上昇の理由について様々な記事で米国にてビットコイン価格がETFとして承認される可能性が高くなったからと取り上げています。

米証券取引委員会(SEC)にて3月11日までに承認するかどうかの判断が下される事となっております。
3月11日が土日にあたる為、3月13日までに発表されるという解釈が正しいようです。

また、ETF許可を求める申請は合計3件あり、その中の1件には投資家でありフェイスブック発案者である、ウィンクルボス兄弟も含まれていました。2014年に提案して許認可するように申請をしていました。

肝心なETF認可されるかどうかについてですが、承認される可能性が高いであろうと踏んで、今ビットコイン価格は上昇モードにありますが、ビットコインのシェアを中国人が大部分をしめいている点やSegwit問題など、米国証券取引所は承認を見送るのではないか?という意見もあります。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

ETFに承認されたらどうなるの?

ビットコインへの更なる信頼度が増して、世界中でのビットコイン信頼度が増すでしょう。信頼が増す事により、利用者も増えますます価格上昇していくことが予想されます。

また米国に続き、日本でも承認される動きになるのではないのでしょうか。

日本国内のETFはあまり人気がないので、ビットコインのような種類が増えるとETF人気がでてきそうですね。

元の記事はこちら

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク - 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
- スポンサーリンク - 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Financyの新着記事を
お届けします!