Pocket

土地を所有しているけれど、どうやって活用すればいいのかがわからない……そんな方におすすめの活用法が駐車場経営です。

アパートやマンションよりも低リスクで稼働までの時間が早く、なおかつある程度の収益も見込め、実際の経営(管理)はプロに委託できるのが大きな魅力です。

しかし、低リスクとはいえ全く危険がないわけではありません。駐車場経営もビジネスの一つであり、安易な考えしかない状態で始めるのは非常に危険です。

今回は駐車場を経営するメリットやリスク、失敗を回避するための手段を考えていきましょう。

駐車場経営には「月極駐車場」と「コインパーキング」がある

駐車場の種類は大きく、月極駐車場コインパーキングの2種類に分けることができます。月極駐車場は1ヶ月を単位として貸すもの、コインパーキングは数十分から数日を単位として貸し出すものと考えていただければ、だいたい間違いありません。月極駐車場のほうが初期投資費用がかからず低リスクですが、時間単価が高いのはコインパーキングと、どちらも一長一短です。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

駐車場経営のメリットは?

駐車場経営のメリットは、アパートやマンション経営と比べると初心者でもはじめやすいことです。具体的には、以下のようなメリットがあります。

少ない資金で始められる

アパートマンションを経営する場合、必ず建物を建てなければなりません。費用や構造や建物規模などに左右されますが、ワンルーム×10戸程度の小さなアパートでも3,000万円、大きなマンションの場合は1億円以上の費用がかかると考えてください。

これだけの費用を自己資金で用意するなど到底不可能ですから借り入れを起こすことになりますが、少なくとも3,000万円の借金を背負うというのはかなりのプレッシャーになるはずです。おまけにアパートローンは住宅ローンよりも金利が高いため、せっかく収益が出ても利息の支払いで大部分を持って行かれがちです。

その点、駐車場経営は建物が不要ないので自己資金はほとんど必要ありません。月極駐車場の場合は土地を舗装するだけでほぼ終了です。コインパーキングの場合は精算機やロック装置(支払いを済ませていない自動車を逃さないための装置)などが必要になりますが、それでもアパートやマンションよりは遥かに少ない資金で始めることができます。

経営にかかる労力が少ない

アパートやマンション経営では物件管理と入居者管理の両方が必要になります。これらの業務は通常管理会社に委託することになりますが、人々が日常的に住まうアパートやマンションなどでは結構頻繁にトラブルが起きるため、オーナーはその都度精神を疲弊させることになります。

一方、駐車場経営はアパートやマンションと比べるとトラブルは発生しづらいです。原状回復義務などで揉めることもありませんし、利用者同士のいざこざも殆どありません。賃料回収もスムーズに行きやすいです。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

「管理委託契約」と「サブリース契約」のどちらを選ぶ?

通常、駐車場管理会社と結ぶ契約は、大きく「管理委託契約」「サブリース契約」に分けることができます。

管理委託契約とは、駐車場管理会社に日常的に発生する管理業務(賃料の回収やトラブル対応、清掃など)をすべて任せる契約です。オーナーはその見返りとして、賃料の5~10%程度を報酬として駐車場管理会社に支払います。この場合、稼働率が高くなるほどオーナーが得られる収益も、管理会社が受け取れる報酬も多くなります。

一方、サブリース契約とは、駐車場管理会社に土地を貸し出す契約です。オーナーは毎月土地を貸した見返りに、駐車場管理会社から賃料を受け取ります。この契約ならば、駐車場管理会社が駐車場経営に成功しようが失敗しようが毎月一定額の賃料を受け取れるため、リスクが小さくなります。
どちらも契約としては一長一短であるため、場所や稼働見込み、リスク許容度に応じて選ぶといいでしょう。

 

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

Financyの新着記事を
お届けします!

金融・ 経済関連の記事をメインとしたフリーライターをしています。様々なジャンルの本を読み漁っていますので、 自分の記事が投資家の皆さんの利益となるように情報発信に努めていきます。