Pocket

テレビのニュースを見ていると最後の方に日経平均株価やTOPIXなどの指標と合わせて、ドル円やユーロ円などのレートが表示されることが有ります。円と外貨の交換レートは常に変動しており、円の価値が高くなることを円高、安くなることを円安と言います。一体円高や円安という現象はなぜ起きるのでしょうか。

実は円高・円安の原因は、一般的な商品が高くなったり安くなったりするのとあまり変わりありません。人気があって需要が供給を上回る商品は高くなり、人気がなく需要が供給を下回る商品は安くなります。それと同じで円の需要が供給を上回れば円高になり、円の需要が供給を下回れば円安になります。では、円の需要は一体何故増えたり減ったりするのでしょうか。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

金融・ 経済関連の記事をメインとしたフリーライターをしています。様々なジャンルの本を読み漁っていますので、 自分の記事が投資家の皆さんの利益となるように情報発信に努めていきます。