Pocket

株式投資を始めたばかりの初心者、あるいはこれから株式投資を始めようと考えている方にぜひ覚えておいて欲しいことがあります。

それは、「株式投資はプロも初心者も同じ土俵で戦う厳しい世界」であるということ。

このような厳しい世界に、自分の武器も持たずに丸腰で挑んでいくとどうなるか?もう結果は明らかですね。あなたにとって、あるいは家族にとっての大切なお金が、いとも簡単にプロの投資家のもとにわたってしまうことになります。

しかしたとえそんな厳しい世界であっても、初心者であるあなたがしっかりと生き残るためのたった1つの方法が存在します。
それは、「自分にあった売買の型」を磨き続けること。

「え~そんな面倒くさいのー」と思ったあなた。

悪いことは言いません。株式投資の世界に足を踏み入れるのはやめたほうが無難でしょう。厳しい株式投資の世界は運だけで生き残っていけるほど生易しい世界ではないのです。

一方で、「とにかく頑張ってみよう!」とあなた。
大丈夫です。どんなに優秀な投資家も初めは初心者からのスタート。あなたもきっとできるはず。
それではさっそく具体的な内容に入っていきましょう。

一年間の目標リターンは?

ここで皆さんに質問です。
「皆さんは、株式投資での1年間の目標リターンはどのくらいですか?」
この質問に対しては、こんな答えが返ってきそうです。
「そんなの多い方がいいに決まっているじゃないか~」
もちろんその通りですね。
ただしここで1つだけ注意が必要です。

大きなリターンを期待するということは、逆に大きな損失につながる可能性もあるということ。小さなリターンで良い場合には、逆にその分だけ損失につながる可能性も低くなります。ここまでは皆さん理解できますよね。

ここで仮に「年間に期待するリターンを25%」とした場合、将来的にどのようになるのかをみていきましょう。最初の運用資金は、100万円とします。(小数点以下は省略)

1年後   100万円 × 1.25 =   125万円
3年後   156万円 × 1.25 =   195万円
5年後   244万円 × 1.25 =   305万円
10年後  745万円 × 1.25 =   931万円
15年後 2,273万円 × 1.25 = 2,842万円
20年後 6,938万円 × 1.25 = 8,673万円

さて皆さん、この数字を見ていかがでしょうか?
大きなリスクを伴って、いきなり2倍・3倍を狙ったあげく逆に損失を被ってしまうようなことをしなくても、年間25%を稼げるだけの実力を磨けば、元手の100万円が10年後には9倍の931万円、そして20年後には86倍の8,673万円になるのです。
これをこのまま続けていくと、25年後には2億6千万円、30年後には8億円になります。
これは決して数字遊びをしているのではなく、こういった事実を理解したうえで期待するリターンに見合う「自分にあった売買の型」を磨いていくことが大切なのです。

代表的な3つの株トレード方法を知ろう!

「自分にあった売買の型」と一言でいっても、株式投資の売買には様々な方法が存在しています。そこで今回は代表的な以下の3つの方法について紹介をします。

(1) デイ・トレード:   一日の中で売買が成立
(2) スイングトレード:  数日~数週間で売買が成立
(3) ポジショントレード:数週間~数か月で売買が成立

ここで紹介しましたように、3つのトレードの違いは売買を行う時間軸にあります。当然ですが、ポジショントレードやスイシングトレードよりもデイ・トレードの方が1年間で行う売買の回数が断然多くなりますので、同じ元手資金から始めたとしても、他の方法と比較してデイ・トレードの方が大きなリターンを得られる可能性が高くなります。

「それじゃ、デイ・トレードを始めよう!」

と思ったあなた。少しだけ待ってくださいね。もう少しだけ違う角度からの検討もしておきましょう。
先にも書きましたように、大きなリターンの可能性があるということは、3つのトレードの中でも最も大きな損失につながる可能性を潜んでいることになります。それがデイ・トレードなのです。

実際の売買では、刻々と変わる状況に対して瞬時の判断が求められます。また上級の投資家が多く参加していることから初心者にはあまりお勧めできません。しかし、どうしてもデイ・トレードをやってみたいという方は、まずは少額の資金から始めること。そしてその中で自分の仕掛けるポイントを研ぎ澄ましていくようにしましょう。

今回、初心者の方にお勧めの売買方法は、スイングトレードあるいはポジショントレードです。
この2つの違いは、一回の売買にかける時間軸でした。2つを比較すると年間の売買回数はポジショントレードよりもスイングトレードの方が多くなりますので、期待できるリターンもスイングトレードの方が大きくなります。
あくまでも目安となりますが、初心者の方でもしっかりと実力を磨いていけば以下のような年間の期待リターンが可能となります。

  • スイングトレード:25%~35%
  • ポジショントレード:15%~25%

あとは日々相場にかけることのできる時間や「ゆっくりした売買の方があいそうだ」などといった自分の性格を考慮して、どちらのパターンにするのかを決めていくとよいでしょう。
自分の売買方法をいったん決めたら、少額での投資やシミュレーションを通して売買を研ぎ澄ませていくことで少しずつ勝てるようになっていきます。
生涯現役で活躍している自分を夢見て頑張っていきましょう!

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

関連記事:

海外投資/オフショアファンドの窓口【IFA無料紹介サービス】
日本と世界の学資保険比較!元本保証140%の海外積立商品
海外積立投資メイン3社の比較と評判
ヘッジファンドは投資信託比較で手数料10倍!でもリターンは3倍!?

Financyの新着記事を
お届けします!