Pocket

皆さんはもし投資で利益が得られたどうしますか?得られた利益をすぐに使ってしまうようでは、いつまでたっても真の資産家になることはできません。投資で得られた利益を再び投資に回せば、より効率的に稼ぐことができます。

複利効果で利息が加速度的に増えていく!

複利効果とは、投資で得られた利益を再び投資に回すことによって、1回目の利息に2回目の利息がつき、より利益が大きくなる効果のことを言います。複利効果を利用すれば、より効率的にお金を増やすことができます。

言葉ではわかりづらいと思うので、実際にシミューレーションしてみましょう。初期投資額が100万円、年利が5%で確定している投資があり、この投資を20年間続けた場合について考えます。

まずは複利効果を得ない(利息は全て消費に回してしまう)ケースについて考えます。この場合、1年目の利息は、100万円×5%=5万円です。利息の5万円はすべて消費に回すので、2年目の投資額も100万円となり、2年目の利息は100万円×5%=5万円となります。これを20年間繰り返すと、得られる利息の総額は100万円となります。

次に、複利効果を得る(利息を再投資する)ケースについても考えてみます。1年目の利息は、100万円×5%=5万円です。利息は全て再投資に回すので、2年目の投資額は105万円となり、2年目の利息は105万円×5%=5万2500円となります。これを20年間繰り返すと、得られる利息の総額は265万円となります。複利効果を得ることによって、利息を総額で165万円も増やせました。また、もし10%で複利運用できたとすると利息は672万円にもなります。

複利運用シミュレーション

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

複利効果が得たいなら、利益を現金化してはいけない

複利効果を得るためには、利益が上がってもそれを現金化せず、再投資しなければなりません。そういった意味では、毎月分配金がある金融商品などは最悪の選択といえます。得られた利益を再投資せず、現金として分配してしまっているからです。逆に、利益の再投資を自動で行ってくれるタイプの金融商品は手間もかからずに便利です。最近は毎月分配金のもらえる商品が人気のようですが、目先のお金に釣られないようにしたいものです。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

若いうちから投資すれば複利効果は大きくなる

複利効果のもう一つのポイントとして、投資期間が長期になればなるほど効果が大きくなることが挙げられます。例えば、前述の年利5%投資を20年でなく30年やった場合、複利効果を得なかった場合の利息は150万円、得た場合の利息は325万円となり、その差額は182万円になります。40年なら差額は403万円です。このように、投資を長期化させればされるほど、利息は大きくなります。

そのことを考慮すれば、投資を始めるのは早ければ速い方がいい、ということになります。20代、あるいは30代のうちから投資を始めることによって、老後までに大きな資産を築くことが出来るはずです。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

Financyの新着記事を
お届けします!

金融・ 経済関連の記事をメインとしたフリーライターをしています。様々なジャンルの本を読み漁っていますので、 自分の記事が投資家の皆さんの利益となるように情報発信に努めていきます。