Pocket

貯金をしたいけれど、財布や口座にお金があるとついつい使ってしまうという方は少なくないかと思います。使っても誰にも文句を言われないお金があったら使ってしまうのは人間の性ですが、だからといって何の考えもなくお金を使い続けてしまっては、いつまでたっても真に豊かな生活は手に入りません。

どうしてもお金が貯められなくて困っているという方は、お金が自動的に溜まっていく「積立定期預金」を利用するといいかもしれません。

積立定期預金は自動でお金が溜まっていく!

積立定期預金とは、毎月指定した日に指定した額を普通預金口座から定期預金口座に振り替えて行くことによって、まとまったお金を作る金融商品です。例えば、毎月25日に2万円ずつ積み立てる、と言った感じです。通常の定期預金は元金を一括で用意する必要がありますが、積立定期預金は毎月少しずつ元金を払い込んでいきます。

積立定期預金のメリット

積立定期預金のメリットは、一度契約をすれば自動的に口座からお金が引き落とされていくことです。人間には現状維持バイアス(無意識のうちに現状を意識しようとする性質)があり、何もしていないときは「何もしていない」状態を維持し、何かしているときには「何かしている」状態を維持しようとする傾向があります。積立定期預金はこの人間の性質を上手に利用した金融商品です。

一度積立定期預金を始めてしまえば、「毎月積み立てる」という状態を無意識のうちに維持しようとするため、よほどのことがない限りは意識しなくてもお金を貯められます。「節約を強制されている感」を感じることがないのは、大きなメリットと言えます。

また、積立定期預金は定期預金と違って、通常は満期を迎えていなくても解約せずに引き落とすことが可能です。その為、急にお金が必要になったときも安心です。

積立定期預金の注意点

積立定期預金を提供している金融機関はたくさんありますが、インターネットからの申し込みを受け付けている銀行はまだ少ないのが現状です。そのため、基本的に申し込みは窓口で行うことになります。ソニー銀行や楽天銀行などのネット銀行ではインターネットでの申し込みを受け付けています。

また、金融機関によっては引き落とし日が固定されていることもあります。引き落とし日は基本的には給料日に設定するのがベスト(口座にお金がなくて積み立てられないという事態が防げるため)ので、できれば引き落とし日が固定されていないところを選ぶようにしましょう。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

いくらから積み立てるべき?

他に投資を一切しない場合は、まずは手取り給料の10%を積み立てていくといいでしょう。例えば手取りが20万円ならば毎月の積立額は2万円です。これを繰り返すだけで無駄遣いが減り、年間で24万円(+利息)も資産が増えていきます。慣れたら増額していけば、資産増加のペースは更に早まります。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

海外の保険会社の積立なら年6%の利息も可能

日本で積み立てをしても年利1%も貰えませんが、海外の保険会社の積立商品なら年利6%くらいあるようです。基本的にはクレジットカードで月々2万円くらいから引落され、積立期間は10~25年で設定します。申込は日本と違い保険会社に直接申し込むことができないケースが多く、IFAという代理店が窓口になっています。香港のIFAが日本からも近く、日本人スタッフがいるIFAもあるので、契約書が英語でも翻訳してくれる。

海外有名保険会社リスト

  1. エイジアス(アジアス)
  2. ロイヤルロンドン
  3. ジェネラリ
  4. インベスターズトラスト(ITA)
  5. ハンサード(日本人の契約不可)
  6. スタンダードライフ(日本人の契約不可)
  7. フレンズプロビデント(日本人の契約不可)

貯金ができなくて悩んでいるという方は、ぜひ日本、海外も含め積立定期預金を利用してみてください。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

(PR) IFA無料紹介サービス 海外投資協会

 

Financyの新着記事を
お届けします!

金融・ 経済関連の記事をメインとしたフリーライターをしています。様々なジャンルの本を読み漁っていますので、 自分の記事が投資家の皆さんの利益となるように情報発信に努めていきます。