Pocket

近年、新聞やインターネットなどで頻繁に使われるようになった「フィンテック(Fintech)」という単語。なんとなく読み流している方も少なくないかと思いますが、みなさんは正式な意味をご存知ですか?

フィンテックとは、金融を意味する「ファイナンス(Finance)」と、技術を意味する「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた造語です。明確な定義はありませんが、最近は「ICTを活用した革新的な金融商品」と訳されることが多いようです。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

フィンテックの主な3つの金融サービス分野

フィンテックには、1)投資・調達、2)決済・送金、3)資金管理の3分野の金融サービスが既に米国を中心に開発・提供されています。

世界と日本のフィンテックサービス

あらゆる金融分野がテクノロジーによって改革されています。

世界と日本のフィンテックサービス

1)投資・調達

利便性の高いローン:
ビッグデータ活用による個人向けローンやオンライン質屋(高級品を担保とする)など
保険:
医療保険と病院検索とヘルストラッカーを連動したサービスや運転の仕方をトラッキングする機能付きの保険など

トレーディング:
手数料ゼロのオンライン証券など

クラウドファンディング:
個人投資家と企業をマッチングし、スタートアップ時の企業の資金調達を支援するプラットフォームなど

ビジネス向けクラウド会計ツール:
free、MFクラウドなどの請求、入・出金管理や銀行口座連携、確定申告支援など、今までの高額な会計ソフトに取って代わろうとしている。

2)決済・送金

スマホカード決済:
Squareや楽天スマートペイなどのモバイルデバイスでのクレジットカード決済

海外送金:
数百円で行える安価な海外送金サービス

Bitcoin:
すでに決済手段として実用化しはじめているが、銀行がbitcoinを扱えるようにするためのバックエンドのサービスなど

3)資金管理

自動化された投資顧問サービス:
低料金でアルゴリズムによるプライベート・バンキングサービスが利用できる仕組みは、米国で乱立している。お金のデザインやWealth Naviなど

ビジネス向け資金管理ツール:
freeeやMonyフォワードなどの請求、入金、銀行口座の連携などの中小企業をサポートするサービス

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

フィンテックによって何がかわるのか

フィンテックによって、3分類(投資・調達、決済・送金、資金管理)のサービスが続々と誕生していき、大手金融サービスの事業領域まで奪うことが考えられる。
フィンテック事業者は、既存の金融サービスのように既存の顧客・金融サービス・システム等のしがらみがなく、スタート当初は貧弱なサービスでも自ら改善と機能追加を繰り返し、素晴らしいサービスに急成長していく。

金融分野はテクノロジーとの相性がよいので、取引の多くがオンライン化されるようになれば、AI(人工知能)技術によるビッグデータ活用が促進される。つまり1to1の個人単位で最適化された金融サービスが提供されていくようになる。例えば、保有資産・家族構成・職業・健康状態(過去の既往歴)・車の運転レベルなどに応じて、各種保険サービスが一律の保障・料金ではなく、1人1人に応じて提供されていくことも可能となるだろう。

- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -
- スポンサーリンク -

Financyの新着記事を
お届けします!

金融・ 経済関連の記事をメインとしたフリーライターをしています。様々なジャンルの本を読み漁っていますので、 自分の記事が投資家の皆さんの利益となるように情報発信に努めていきます。